" 自動車保険の取扱

車の買い替え時に「車両変更の手続き」を忘れてはいけない

中古車 高価 買取

自動車の保険には加入が法律で義務付けられている自賠責保険と、任意加入の任意保険があります。

まず自賠責保険についてですが、中古車を売買しても解約や還付などの問題は起きません。

この強制保険ともいわれ、車検時に更新される法定の保険は、廃車にならない限り車からはなれずに一緒について廻るということです。

車検が1ヶ月以上残っているときに廃車した場合は、日割り計算によって返戻金を受け取ることができます。

<車を使わなくなった場合の任意保険の取扱>

車を売り、新しい車への乗り換えも行わない場合は、任意保険を解約することになります。

その場合は当然にして残存期間に応じて保険料が返還されることになりますので、任意保険加入の損保会社に連絡し確認をする必要があります。

各社ともほぼ同じ取扱いで、残存期間に応じて保険料が日割り計算で返還されることになります。

<車の買い替えの場合の任意保険の取扱>

車の買換え、乗り換えの場合は任意保険の解約は必要なく、契約内容の変更を行うことになります。

乗り換えする車種によっては保険料が変わることもありますので、納車前に新しい車の車検証を用意して現在加入している保険会社(損保)に連絡する必要があります。

この「車両変更の手続き」が行われていないケースもあるようですが、手続きを行っていないと事故などの際に保険料が適正に支払われない場合があることから、十分注意が必要です。

必ず保険会社に連絡をして「車両変更の手続き」をしてください。


簡単な申込み入力(最短1分)で各社が査定額を競争
詳細はコチラ

こちら こちら こちら


※クルマのはなし一行メモ
軽自動車の一括査定では普通車よりオファーが多くなるかもしれません。
軽自動車は中古の人気が高く仕入れても早く売りさばけるからです。


このページの先頭へ