" リサイクル料金

中古車はリサイクル料金とセットで取引される

中古車 高価 買取

自動車リサイクル法によって、新車購入時には「リサイクル料金」を新車ディーラーに支払います。

リサイクル料金が支払われていることを証明する書面が「リサイクル券」です。

中古車を買取業者に売る場合には、リサイクル料金はどのような扱いになるのでしょうか。

新しい所有者、つまり買取業者がリサイクル料金(リサイクル預託金相当額)を支払ってリサイクル券を受け取るというのが基本ですが、実際には買取り業者から車両価格とリサイクル料金を含んだ中古車売買代金を受けとることになるのが通常です。

リサイクル料金込みでの取引きになるか、あるいはリサイクル料金が諸費用的扱いになるというのが普通のようです。

中古車を売る場合も買う場合も、リサイクル料金は、車両価格込みか、諸費用のように別途ではあるが、いずれにしろ車と一体的に取引されるということになります。

なお、これは廃車処分の場合の話ですが、自動車リサイクル法の施行に伴って、自動車重量税が返還される制度が2005年からスタートしました。

車検が残っている車を廃車にし、「自動車リサイクル法」に基づいて適正に解体された場合、最終所有者が、運輸支局等に永久抹消登録申請又は一時抹消後の解体届出と同時に自動車重量税額の「還付」の申請すれば、車検残存期間に応じた自動車重量税額の還付を受けることができます。

リサイクル法に基づき適正に処分した車について還付申請を行うことにより、車検時に支払った自動車重量税が一部返ってくるということになります。

※リサイクル料金の使途の内訳

・シュレッダーダスト料金(使用済自動車の破砕くずのリサイクルに必要な料金)
・フロン類料金(カーエアコンの冷媒に含まれるフロン類の破壊に必要な料金)
・エアバッグ類料金(エアバッグ類のリサイクルに必要な料金)
・情報管理料金(使用済自動車の処理状況の情報管理等に必要な料金)
・資金管理料金(リサイクル料金の収納・管理等に必要な料金)


簡単な申込み入力(最短1分)で各社が査定額を競争
詳細はコチラ

こちら こちら こちら



※クルマの話あれこれ
軽自動車の手続きは普通車の比べて何かと簡単に済むようになっています。
軽自動車を売る時の必要書類も普通車と違い簡便で助かります。


このページの先頭へ